ゆずりはギャラリー

ゆずりはギャラリー

着物は、二匹の蚕が共同で一つの繭を作る「玉繭」を主として織られ、釘抜き紬の別名をもつ牛首紬に、加賀友禅作家太田昌伸氏による正倉院唐草文様が施された訪問着。
帯は截金(きりかね)の人間国宝・故 江里佐代子作品を手がける染と繍 きだ製の京繡の名古屋帯。

to top